投資すると良いことって?投資が必要な理由とは

貯金ではなく投資をする理由とは?その方法とは?

銀行口座に貯金をするのではなく、株を運用して投資活動をした場合、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。簡単に言えば「貯金するよりも資産を増やせる可能性がある」ということが一番大きなメリットかと思います。他にも、やり方によっては日本にいながらにして海外資産を持つこともでき、日本円に対するリスクヘッジができることもメリットとなります。銀行口座に貯金したまま「お金を眠らせる」より、投資活動により「お金を働かせて」儲けることができたらそれが理想ですよね。とはいえ、素人が下手な運用をすれば「資産を増やす可能性」よりも「資産を減らす可能性」の方が多くなるのもまた投資です。そんな「投資に興味はあったけど、今から株の勉強するのも難しいしなぁ。」という初心者の方におすすめなのが投資信託です。少額から投資が始められる上、細かい株の値動きなどは気にせず投資信託商品を買うだけでよいからです。

投資信託初心者にオススメなファンドラップ

投資信託が初心者にオススメとはいえ、具体的に何をすればいいかわからないし不安という方は多いかと思います。各金融機関においても、ファンドラップという、投資信託を考えている方に対する親切なサービスがあります。投資信託が初心者にオススメの投資とはいえ、どの投資信託商品に投資するかなどの判断は自分でしなければいけません。それに対しファンドラップでは、投資信託の運用にあたってプロのアドバイスを受けることができます。利用にあたっての手数料などのコストはかかるものの、初心者からしたら投資に関してなんでも相談できる専門家が付いてくれる安心感は代えがたいものがあります。名前を聞いたことのある銀行や証券会社がファンドラップのサービスを取り扱っていることも安心できる要素の一つとなります。何はともあれ投資を考えているのであれば、まずは一度ご自身の貯金をしている銀行に相談をしてみてはいかがでしょうか。