初めてのファンドラップ!スタート時のポイント

ファンドラップを始める時に知っておきたいこと

ファンドラップは、投資に関する知識や経験がない人であっても、投資先の決め方を証券会社に一任することで、資産運用ができるサービスとして注目が集まっています。初めてファンドラップに申し込みをする際には、証券会社の投資判断基準をしっかりと確認することにより、元本割れのリスクを最小限に抑えることが大切です。また、収益に応じた手数料の支払額に関しては、各証券会社のシステムにより大きく異なります。そこで、関心のある証券会社から資料を請求することで、条件に合うところを見極めることが肝心です。なお、一定の期間内のファンドラップの運用実績を把握するにあたり、定期的な報告が行われる証券会社を探すことが効果的です。

ファンドラップの契約先の探し方

ファンドラップの契約先を探すにあたり、数年間の証券会社の運用実績を比較することが重要です。近頃は、ハイリターンの投資対象に魅力を感じている個人投資家が少なくありません。そこで、長く安定的な資産運用を行うために、一人ひとりの顧客に対する相談や報告などの取り組みがしっかりと行われている証券会社を選ぶことがポイントです。特に、大手の証券会社においては、これまで投資信託に手を出したことがない顧客に対しても、メリットやリスクに関する丁寧な説明が行われており、資金に応じたコースを選ぶこともできます。その他、ファンドラップの契約時に各証券会社が扱っている投資対象の比較をすることで、有意義に契約先を決めることが可能です。